徳島県東みよし町 住みよし東みよし 移住・定住ポータル

tel 0883-82-6302 お気軽にお問い合わせください
line@やってます

せんぱい移住者 近隣からお引越しのご家族 せんぱい移住者 近隣からお引越しのご家族

せんぱい移住者 近隣からお引越しのご家族 せんぱい移住者 近隣からお引越しのご家族

一番は、子どもたちにとって、とても良い場所
~小林さんご一家~

小林さんご一家01

家族構成

夫 小林幸一さん 38歳 近隣移住者(徳島県三好市ご出身)
妻 ねねさん 37歳 近隣移住者(徳島県三好市ご出身)
長女 詩奈ちゃん 16歳
次女 茉侑ちゃん 13歳
長男 一進くん 6歳

―お二人の簡単な自己紹介をお願いします。結婚までの馴れ初めも是非(笑)

はい。2人とも東みよし町の隣、徳島県三好市の出身です。三好市の合併前で言うなら幸一さんが東祖谷、ねねさんは山城の出身です。私たちは、実は高校の時の同級生なんですが、もっと言うと高校時代から付き合っていて。21歳の時に結婚しました。

―学生時代からのお付き合い!それは、すごい!でも東祖谷からだと高校って遠くなかったですか?

そうですね。さすがに東祖谷から高校までは通える範囲ではないと思います。実際、幸一さんは学校の近くに下宿していました。そんな中で、私たちは知り合うことになるのですが、高校卒業後辺りから三好市内では中心部である池田の賃貸住宅を借りました。ただ子どもも生まれたりして、段々と今の住まいが手狭になってきたなあと感じていたのです。そんな時に、ちょうど幸一さんが林業関係への転職をしました。それを機会に、思い切って広いところに住もうという話になり、ねねさんの実家である山城で賃貸住宅を借りることになり引越したのです。

―そうするとなんで東みよし町に?

山城の賃貸住宅は、確かに部屋は広くて便利だったんだけど・・・。ちょっと不便かなぁ・・・という感じでした。例えば、ちょっとアイスを買いに行こうかなと思っても遠出、おでかけの感覚となってしまう感じです(笑)ただ不便だったというのは、さほどは大きい理由ではなくて、幸一さんには家を建てたいという希望がありました。子どもも大きくなってきて賃貸住宅を借り続けるのではくて自分の家を建てたいなあとねねさんと一緒に考える中で、東みよし町がいいかもという話になっていきました。

小林さんご一家02

―それで、東みよし町にしたのですね。

そうです。私たちの家の周りは、私たちの地元である祖谷や山城に住んでいた人が家を建ててますね。東みよし町全体でも祖谷や山城から引っ越してきた人が多いって聞きます。そういう意味では移住者が多い場所と言えるかもしれませんね。そんな中で、先に東みよし町に引越していた人に「東みよし町っていいところ?」って聞くと、みんな口々に「東みよし町はいいところだよ」って後押ししてくれることもあり、東みよし町で家を建てようと決めました。

―東みよし町のご縁は「人の繋がり」だったと。

最終的には、そうなりますね。「人との繋がり」で、東みよし町は祖谷や山城の人も多いので、同郷の知り合いが多いっていう所も安心材料だった所もあります。でも、がっつり知り合いというわけでは実はなくて同じ同郷の連帯感と言うか。都会の方は濃いコミュニティと感じるかもしれませんが、実は思っているよりも重いということではありませんね。あ。でも、東みよし町で家建てて直ぐだったかな。保育園の役をやることになった記憶が(笑)

―東みよし町来てすぐにですか?東みよし町に知り合いがいたということですか?

たぶん、幸一さんに頼みやすかったんじゃないかなあと思います(笑)実は、私たちは、ご縁があって東みよし町では色々とサポートしてくれる人がいて。その人から色々ことにお誘い頂けるので、フットワーク軽く参加していたら、あれよあれよと役が回ってきて・・・本当にいきなり増えました(笑)でも今考えてみれば、役をやっていたおかげで三加茂の色々な人を知ることができて、良い経験をさせてもらいましたね。

小林さんご一家03

―やはり、キーマンの存在を見つけるというのがポイントですね。

その方とは、東みよし町に家を建てると決めたときから、同郷ということで繋がりはありましたけど顔見知り以上の関係になったのは、東みよし町に家を建ててからかな。田舎に移住するときって、顔見知りという関係を早い段階で探しておくのって大切な気がします。キーマンと言いますか。自分たちがお世話になる人を探す旅ですね。そういう方と早い段階で繋がることが大切じゃないかなあって思います。キーマンの方々でも合う合わないはあると思うので、それこそ探してみるという根気も必要です。キーマンの方は地元では顔が知られている場合が多いと思うで、色々お誘いを頂く機会もあると思います。その繋がりを上手に活かせば馴染むことはさほど心配しなくても大丈夫だと思います。

―では、実際に東みよし町に来てみて生活は変わりましたか?

そうですね。かなり変わりました。大きく変わったのは光熱費かな。以前、私たちが住んでいた場所は、四国だけど寒い地域で光熱費が結構掛かっていました。東みよし町では、光熱費がかなり安くなりましたね。あと、東みよし町は三加茂地域に、スーパーやドラックストアが立ち並んでいるのでちょっとした生活用品の買い物には困りません。物価も手ごろな価格で安定しているなと思いますね。あ、でも一番は。子どもたちにとって、とても良い場所だったって思います。

―子どものために、東みよし町を選んだのは良かった、と。

そうですね。子どもたちは、学校が近くで近所の子どもと自然の環境の中で遊べる環境があるって、とってもいい環境だなあと私たちは思っています。今、子どもたちは、ダンス・阿波踊り・塾に通っているのですが、始めたい動機を聞いてみると、学校でお友だちに誘われたそうで。こうやって、子どもたちのコミュニティができると自然と親同士も喋る機会は増えると思います。

小林さんご一家04

―自ら繋がりを作ってくれるよ、と。

はい。あとは、東みよし町にある学校は、学校行事などを通じて地域の繋がりが強いと感じます。地域と学校が近いので、地域のコミュニティに入っていくのは難しいことでないと思います。それだけでなくて、家の周囲を子どもたちと一緒に散歩しているだけでも、地域の人が声をかけてくれますよ。あとは、地域の別の子どもたちと、いつのまにか仲良くなって帰ってきたということもありました。東みよし町は、子どもにとっても優しい地域だなあと思うことが多いです。思えば、私たちの生活も子どもに助けてもらっているところが大きいなあって思います。

―では、東みよし町で地域に溶け込むにはどうしたら良いと思いますか?

私たちは、近隣地域からの引越だったので、あまり移住という意識はありませんでした。でも、山間部の暮らしから大きく暮らし方が変わるので少しだけ期待と不安を抱えながらの引越でした。そして実際に東みよし町で暮らしてみて、暮らし方が大きく変わったところもありました。都市部から田舎へ移住をしようと考える人は、移住に対して、きっと期待と不安が半分くらいな気持ちなのかもって思います。でも、そこまで不安に考えなくても大丈夫。初めから「追い出してやろう!」って気持ちの人は、東みよし町にはいないと思いますよ。変に力まずに自然体のままで、まず東みよし町に遊びにいらしてください。そして合う合わないを肌で感じてみるといいと思います。

小林さんご一家05

―ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る